レンタルした振袖を着てとても華やかで美しい思い出になりました

rental 着物・振袖・袴

振袖の外出時には付き添いありがベター

振袖姿で彼氏や友人とお出掛けは、なんとなく特別な感じがして晴れのイベント感が満載です。でも、これは意外にも大変なことなのです。特に着慣れていない、又は初めてという場合は赤信号。
例えば、楽しくお茶をした後でトイレに行ったとします。最近はどこでも洋式のトイレですから、用を足すには楽になりましたが、長い袖を汚さないように狭い個室で気を使うのは本当に大変なこと。無理をすれば着崩れてしまい、特に腰辺りが無様になってしまうでしょう。これをどうにかしようと思っても、着付けの知識がなければ成す術がありません。例え一緒にいる彼氏や友人に助けを求めたとしても、彼らにとっても手に余ってしまうのは同じ。これでは、せっかくのお出掛けがなのに楽しむどころではなくなってしまいます。
もしも、どうしても振袖を着て出掛けたいならば、着付けの知識を持った人が同行してくれると、いざという時にも安心です。彼氏に素敵な姿を見せたい気持ちは理解できますが、そういった場合にはお出掛けよりも家にお招きしてみてはいかがでしょう。
外へ出掛けるならば、着替えて行ったほうが心配なく楽しめ、自分自身も食事や動きに制限がなくなり楽なはず。滅多に着ない振袖だからお出掛けしたい気持ちも解りますが、だからこそ思ってもみなかった問題に遭遇するとパニック状態になりかねません。振袖でのお出掛けプランを立てる前に考えておくことをお勧めします。

振袖を着ることでの婚活

振袖を着る機会は非常に少ないようにも思います。しかしながら、やはり、女性としての色気を感じるのも着物、つまり振袖ではないでしょうか。確かに成人式に振袖姿。父親から見れば、我が娘よ。涙を流すほど喜ぶ父親もいるのではないでしょうか。でも、…

MORE ▶

振袖の思い出を振り返って

私は18歳の時に母親に振袖を買ってもらいました。成人式で一度しか着ないと思っていた様ですが、成人式と卒業式、卒業式は自分の振袖とレンタルした袴、友人の結婚式、結婚する前に最後の独身で迎えるお正月、初詣と何度も着る機会がありました。…

MORE ▶

振袖の外出時には付き添いありがベター

振袖姿で彼氏や友人とお出掛けは、なんとなく特別な感じがして晴れのイベント感が満載です。でも、これは意外にも大変なことなのです。特に着慣れていない、又は初めてという場合は赤信号。例えば、楽しくお茶をした後でトイレに行ったとします…

MORE ▶

振袖選びはどうすればいいか

わたしは、母がとても振袖が好きなので、わたし自身はそれほど興味はなかったのですが、18歳のうちから、早めにいろいろな振袖ショップに連れて行かれました。はじめは、柄も色も質感もいろいろありすぎて、何が何だかわかりませんでしたが、何店も行…

MORE ▶

TOP