レンタルした振袖を着てとても華やかで美しい思い出になりました

rental 着物・振袖・袴

レンタル振袖の思い出

袴を着ている女性

私が初めて振袖をレンタルすることになったのは、成人式の時でした。私は、それまで振袖にあまり関心がなかったのですが、母親に勧められて振袖レンタル店に訪れた際に、青とも緑とも取れる深みのある色合いと細かく錦糸の入った繊細できらびやかな刺繍、数えきれないほど散りばめられた枝垂桜と褄下の車が印象的な振袖に出会いました。
振袖といえば、大きな花柄で可愛らしい、派手なイメージが強かった私は、その細やかな柄に一目ぼれして即レンタルを決めました。成人式当日、振袖を着られることにワクワクしていたためか、朝五時に美容院に行くことは苦でなかったのですが、やはり慣れない和服だったので、時間が経つにつれて姿勢の崩れから着崩れが目立ってしまうようになってしまいました。
また、お手洗いに行く際もなかなか上手くできず、和服も崩れてしまい、着直しに苦労しました。私なりにお手洗いの行き方や着崩れの直し方は調べていたのですが、当日の慌ただしい中ではなかなか上手くできませんでした。
ここで書いた通り、振袖は手間もかかりますが、綺麗に合わせができると全体で芸術作品になる装いなので、何度も着たくなる魅力があります。ちなみに私は成人式後に数回レンタルしましたが、回数を重ねるごとに自分で着付けを整えられるようにもなりました。振袖は何度も着てこそ魅力が分かる物なんだと思っています。

振袖は人生の宝物

私の振袖選びは、もともとは母が選んだものから始まりました。母から「良さそうなものみつけたから今度見に行こう」と言われ「母が選んだものならそれでいい」という気持ちで見に行ったのですが、他の振袖を見て目を奪われてしまい、その振袖が現在私の手元にあります。
つまり選ぶ際に何かを重視したわけではないのですが、自分がほかになにも考えられないくらい目を奪われるものがあれば、それはこの先何年たっても後悔しないものになると思います。すべては直観と運命だと思います、クサイですが。この振袖を選んで良かったことは、それを着ている間は自分に自信が持てることです。とても気に入っていて、数年経ってもこれが世界一だと思えるくらいのものなので、「人にもっと見てほしい」「ほめてほしい」と欲が倍増し、実際人目をひいて声をかけてもらえるので、自慢です。
逆にこの振袖を選んで悪かったことがあるとすれば、お気に入りすぎるということです。前述の通りのお気に入りっぷりなので、「汚れが怖い」「ひっかけて破いたらどうしよう」「転んだらどうしよう」と不安になってしまい、なかなか着ていく勇気がでないため、なかなか減価償却できません。たしかにきれいな着物ですが着てこそとも思うため、もっと日の目を見てほしいという気持ちもありますが、葛藤もいまだにあります。

長い付き合いの大切な振袖

振袖、成人式に着るために両親に買ってもらいました。妹と一緒に着るので、2人で交互に試着をしました。私と妹はタイプが違うので、なかなか2人が似合うものが見つからなかったのですが、見つかった時は即決めでした。決める前は、ピンクやオレンジ色を想像していたのですが買ってもらった振袖は黒と白のものでした。でも、これが正解でした!
成人式ではこの黒白の着物を着てる人は少数でした。成人式で着た後も私と妹2人とも結婚式に出席する時に何度も着て、結婚してからは袖を切って赤色で揃えてた小物をすぐいす色にして着ています。最近は、なかなか着る機会がないのですが、私も妹も、子供たちの七五三があるのでその時に着れたらいいなと思っています。
振袖を買ってもらった時は、成人式に着るために当たり前のことの様に思ってしまっていたけれど、今はとても高い買い物で感謝し、大切にしようと思っています。自分が買ってもらった様に、娘にしてあげたいので今から少しずつ貯金ができる様に頑張らないといけないなと思います。袖を切ってなければ、娘や姪っ子も成人式で着たかな。着付けは、以前着物で仕事をしていたことがあるのですが、やはり仕事着とは違うので難しいと思います。着たい時に自分で着れるようになればいいなと思います。

振袖を着ることでの婚活

振袖を着る機会は非常に少ないようにも思います。しかしながら、やはり、女性としての色気を感じるのも着物、つまり振袖ではないでしょうか。確かに成人式に振袖姿。父親から見れば、我が娘よ。涙を流すほど喜ぶ父親もいるのではないでしょうか。でも、…

MORE ▶

振袖の思い出を振り返って

私は18歳の時に母親に振袖を買ってもらいました。成人式で一度しか着ないと思っていた様ですが、成人式と卒業式、卒業式は自分の振袖とレンタルした袴、友人の結婚式、結婚する前に最後の独身で迎えるお正月、初詣と何度も着る機会がありました。…

MORE ▶

振袖の外出時には付き添いありがベター

振袖姿で彼氏や友人とお出掛けは、なんとなく特別な感じがして晴れのイベント感が満載です。でも、これは意外にも大変なことなのです。特に着慣れていない、又は初めてという場合は赤信号。例えば、楽しくお茶をした後でトイレに行ったとします…

MORE ▶

振袖選びはどうすればいいか

わたしは、母がとても振袖が好きなので、わたし自身はそれほど興味はなかったのですが、18歳のうちから、早めにいろいろな振袖ショップに連れて行かれました。はじめは、柄も色も質感もいろいろありすぎて、何が何だかわかりませんでしたが、何店も行…

MORE ▶

TOP